こんにちは、松本真です。
今回は、道案内ついでのLINEゲットのお話です

大阪、難波。終電も無くなった深夜。
ナンパ師がちらほら

横断歩道を渡る全体的に白っぽい女のコがいたので、声掛けました。
友達との待ち合わせ場所を探しているとのこと。
自身もあまり詳しくはないが、
「難波は俺の庭」とテキトーな事を言い、案内することに。
携帯を二人で眺める。距離が近い。
道案内だとそちらに意識がいきがちになるため、
トークもおろそかにしなかった。
女「こんな所で何してるの?」
女「何歳ですか?」
など質問される

お互いのことを話しながら、目的地到着。
LINE交換。
道案内ついでにLINEゲットする時は、
「道案内をしたのだから、LINE教えてよ」
と交換条件の様に迫るのではなく、いつも通りに打診すべきです。
で、道案内中も会話を盛り上げる。
要は、いつも通り接することが重要です

ハイタッチして、お別れ。
女子会の後、クラブに行くとのことだったので、
その後の合流を打診しても良かったかな?と思いましたね

LINEはある程度やりとりはしましたが、
その後失敗してしまい、死番になりました。
せっかくLINEのやり取りが出来る関係を構築出来たのに、
自己満足なボケのメールを送ってしまいました。
以後気を付けます

今回は、以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ





ナンパあんてな