こんにちは、松本真です。
現在、人数限定無料ナンパ講習を承っておりますが、
その第2回目の講習が先日ございましたので、日報をアップします

※この記事は、本人の了承を得てアップしています

1.自分の“型”と成功率

第1回目のカウンセリングを受けられたカズヤさん。
目標は「歯を磨くように日常的にナンパが出来るようになること」
2回目までの約3週間の間、ご自身で動かれていたのはご立派でした。
以前は数カ月に1度の頻度ではあったのですが、
講習を受けられてからは、仕事の合間などスキ間の時間に声を掛けられていた。
アポも1件こなされていた。
私も負けじと、背中をお見せする意味でも「ほぼ毎日ナンパ」を敢行し、
お互い良い刺激になったのではないかと思った

まず、「ほぼ毎日ナンパ」を実施して感じたことは、
①ほぼ毎日LINEに女性が登録させれていくのが、嬉しい
②言うことは少しずつ違えど、やっていることは同じ

①は、成果だけでなく、モチベーションの維持に繋がり、
②は、やることが決まっているのだから、あとはやるだけ、ということ

講習では、これらの点をお伝えした。

また数が少ないことに関しては、これはナンパ・恋愛を諦める原因とかぶるのですが、
①自分が何をしなければいけないのかが分らない
②自分がどれだけしなければいけないのかが分らない
ということを解説しました。具体的には、

①自分が何をしなければいけないのかが分らないから、なかなか行動に移せないので、
やりながら自分の“型”を作っていく。そうなれば、後は言い方は悪いが、
作業の様にやるだけになる
②①で自分の“型”が出来れば、その成功率はいくらなのか。
例えば、10人に1人LINEゲット出来るとして、10LINEゲットしたいなら、
100人声掛けないといけない。
という様に、逆算して自身の行動が決まる

まとめると、
①自分の“型”を作る
②その“型”の成功率を算出する
③それで満足ならただやるだけ、不満なら改善

トライ&エラー。何事にも当てはまるかも知れませんね。
この工程が分かっていないと、結局数が少ない内に、
「自分は無能だ」と諦めることになります

2.ファッション

今回は、ファッションについてお伝えした。
どの様にオシャレに見せるか。
またただオシャレなだけでなく、その服を着る意味についてもお伝えした。
一つ例を挙げますと、
例えば、キリッと恐そうな女性が実は天然だったらそのギャップに
ドキッとしますよね?
服も同じで、格好付け過ぎるのではなく、どこか一点かわいい部分や抜けた部分が
有った方が良い、といった考え方です。
講習後に23歳OLを連出し、その時に「オシャレですね」
と言われたのですが、それは何も自分に特殊能力があるからではなく、
その様な理論に基づいてただただやっているだけなのです

またおススメの服屋さんにも行きました。
そこでも、「差別化の重要性」と「ハイレベルとは何か」について
お話させていただきました

3.声掛け

神戸・三宮のセンター街。
人通りが多く、道幅も広い。しかも、ハイレベルな女性が多い。
今回は実際に声を掛けている所を拝見しました。
地蔵せずに、ハイレベルな女性と談笑されていたので、驚きました。
元々、恋愛は出来る方なので、自然に会話されていました。
ただ、
①声を掛ける時、真後ろもしくは斜め後ろ、
②女性との距離が近い
ということが多々有ったので、そこだけ指摘させていただきました

また、自分自身の会話の型についてもお伝えしました。
どういった流れで会話をするのか、またなぜその会話をするのか。
自分のしていることを説明出来ないといけません。
ただ楽しい会話をしていても、しょうがありませんので

今回の講習を受講されたカズヤさんの今後の方向性は、
とにかく自分の“型”を持ち、良い意味で作業の様にナンパすること

今回の講習のポイントは、
声掛けにしろ、ファッションにしろ、自分の“型”を持ち、
理論的に進めることで、一定の成果は必ず出る、
ということ

そのお手伝いをするのが、僕の講習の目的です。現在もう1人の方にご応募いただいておりますので、人数限定無料ナンパ講習の残り枠は1名です。早めのご応募お待ちしております

現場からは以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ





ナンパあんてな