ある年の夏。
本日から4日間はお盆休み。
同年代の男達は、家族旅行や自分と嫁の実家を行き来することで消化するのでしょうが、
そんなことは全く関係無し。わいはナンパや、プロゴルファー猿や

とは言いつつも、久し振りのナンパでまさかの地蔵。
久し振りに『ストⅡ』やって、波動拳が出せない状況。
僕「あれ?どうするんやったっけ?」
始めは地元駅をウロウロしていたのですが、場所を移動することに。
阪急で烏丸へ(“カラスマ”と読みます。“トリマル”じゃないよ)。
烏丸は、河原町の一本隣の大通りで、繁華街である河原町とは対照的に、
少し落ち着いた雰囲気のあるビジネス街。そこですることに

声掛け1人目。
ウォーミングアップとして、道を聞こう。すると、小柄でおしゃれな女のコ。
僕「この通りって、何通りですか?」
女「烏丸通りですよ」
僕「そうですか、ありがとうございます」
女「どこか、行かれるのですか?」
まさかの逆質問!?
僕「この通り沿いに上質の豆にこだわった、大人の隠れ家的なカフェが
あるそうなんですが・・・」
女「何ていうお店ですか?」
僕「“ドトール”っていう・・・」
女「どこにでもあるじゃないですか!?笑」
乗ってくれたり、突っ込んでくれたり、笑ってくれたり。
僕「ところで、お姉さんはこれから“まさかの”買い物ですか?」
女「いえ。私はこれから“まさかの”美容院なんですが、
それまでに少しランチをしようと思ってたんですよ」
僕「ちょうど良かった。僕、実は2年前くらいからご飯食べてないので、そろそろヤバいなぁ
  と思っていた所なんですよ!!では、行きましょう!」
女「それより、熱中症で頭がおかしくなってませんか?笑」

僕「頭おかしくないと、ナンパなんか出来ませんよ!」と思いつつ、テキトーなカフェにIN

会計が850円だったので、千円札を1枚出して、僕「端数だけ出して」と言ったら、
50円出すと思いきや、350円出してきた所には関心した。
今思い返すと、「端数だけ出して」の意味が不明ですが

美容院の予約時間が来てしまい、連出し終了。
女「お兄さんくらいの年齢の人と付き合ったことありますよ」
女「祇園祭は行きましたよ。一人で笑」
など、色々情報を入手。
連出し、LINE、アポ取り付け、それぞれの打診に若干のグダはあったものの、成功。
アポは2日後ですが、ドタキャンの可能性は残しつつも、
僕「そうなったら、その場で連出したら、えぇか」とポジティブシンキング

*************************

史上最強の恋愛教材TAV
http://kyoto-nanpa.com/osusumetav
お悩み別おすすめ恋愛教材
http://kyoto-nanpa.com/nanpakyouzai
彼女化セフレ化特化型ナンパ講習
http://kyoto-nanpa.com/nanpakousyu

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ





ナンパあんてな

*************************