こんにちは、松本真です。
先日、無料ナンパ講習を実施してきましたので、
皆さんと共有致します

※この記事は、本人の了承を得てアップしています

導入

モリさん30代半ば。
職場では出会いが無い。
20代前半は合コンで知り合った女性と付き合っていた。
最近はネトナンで彼女を作るも長続きしない。
ストリートでどこでも声が掛けられるようになりたい。
ナンパ仲間が欲しい。
自分のタイプの女性と付き合えるようになりたい。

とのことでの応募でした

実演

今回の講習から先に実演をし、座学に移行するようにした。
その方が説得力が増すから。
待ち合わせ。場所を間違われ、遅刻して来られた。
単純に「こんにちは」では面白くないので、
すぐ近くで待ち合わせ中の女性に、モリさんが見ている前で声を掛けた。
その後、モリさんに「こんにちは」
「物凄く自然で女性の待ち合わせをしている人が来たのかと思いました」
とはモリさん。
その後、京都市営地下鉄四条駅で声掛け。
どこでやっとんねん笑
サクサク声掛け。
僕好みのムチムチOLがいたので、フロントアプローチ。
これから会社の皆と女子会とのこと。
「俺も参加の方向でOK?」
「皆喜ぶと思うけど、今日は辞めておきます笑」
というやり取りから、LINE交換打診。
その間、近くでモリさん見学中。
「何歳ですか?」
「職場はこの辺ですか?何している人ですか?」
「やり手ですね笑」
などの反応有り

座学

近くのHUBで座学。
ご馳走して頂きました、ありがとうございます。
質問が多くなかったので、最近のナンパ業界の動向や、
自身の考えや今後の活動方針などをお伝えした。
割と考え方が近いことを確認し、退店。
実技講習へ

実技

僕はフロントアプローチが大好きです。
理由は、
①女性のレベルを事前に確認出来る
②目を合わせ、女性もこちらの存在を確認出来る
③堂々としている
④擦れ違って追いかけるのでは効率が悪い

などです。
モリさんも挑戦したいとのことで、伝授することに。
ポジショニングや目線などお伝えし、実演。
次にモリさん。
まだ「この人に声を掛ける」という判断が遅く、
その女性の横でクルッと回転するような感じになっている為、
斜め前辺りから声を掛けることをアドバイスしました。
少しずつ自然になっていきました。

まとめ

1回の講習で色々なことを習得するのは難しいです。
ですので、今回の講習で何か一つでも得て帰って頂き、
後は反復練習です。
フロントアプローチを習得すれば、上記理由によりかなり良いです

受講者の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございます